比較級の英文法!語形の変化のルールと様々な比較表現!

「あなたの方が可愛いよ~。」「この髪型のほうが綺麗だね~。」このような会話は日本語でもよく行われていますよね。

英語でも、もちろんこのように物や人を比較する文法は存在します。

それが比較級と呼ばれる英文法なのです。

今回はその比較級について解説をしたいと思います。

比較級のルールをしっかりと覚えて、マスターしていきましょう。

比較級の単語の変化について

比較級は、形容詞の形を変えることによって文章を作ることができます。形容詞の形が変わるときにいくつかルールが存在します。

英語での比較級は、形容詞の語尾がerに変わるもの、moreがつくものなど、細かい変化があります。

語尾にerをつける単語

短い単語には、語尾にerが付くようになっています。

  • High→higher
  • Easy→easier
  • Fast→faster
  • Cute→cuter

などが挙げられます。

前にmoreがつく単語

すべての形容詞にerがつくのではなく、中には前にmoreがついて比較級となる場合があります。長い単語にはmoreが付きます。

  • Beautiful→more beautiful
  • Difficult→more difficult
  • Important→more important

moreとer、どちらを使えばいいのか?

「単語が短いものはer、単語が長いものはmore」と紹介しましたが、実がmore を使うか、er をつけるかはルールがあるのです。

英単語には音節というものが存在します。

音節とは、母音(a,e,i,o,u)が1つだけ含まれた音を一区切りにして1音節として分けられるものです。ただし母音が重なっているものは例外なので注意しましょう。

単語が2音節以下の場合はerになりますが、3音節以上の場合はmoreになるということなのです。

例えば、beautifulであれば、beau・ti・fulで3音節です。だからbeautiful は more を使うのです。

不規則に変化する単語

中には不規則に言葉が変化する単語もあります。最上級と合わせて覚えると便利ですので、最上級の単語について記載します。

原級 比較級 最上級
good / well better best
bad worse worst
little less least
much / many more most

なお、より多いをあわらす場合はmoreを、より少ないを表す場合はlessを使います。この後の例文でlessを使っていますので、参考にしてみてください。

thanの使い方

Moreを使うときに一緒に使われるのが「~よりも」を意味するthanです。

例えば、「彼女は私よりも背が高い」という場合は、

She is taller than I.

という文章になります。ここで違和感を覚える人はいましたか?

thanは接続詞

Than meじゃないの?と思う人は多いと思います。確かに口語表現ではthan meを使うことは非常に多いですが、通常の文法だとthan Iが正しいのです。

なぜかというと、thanは接続詞なのです。接続詞は2つの文章をつなげる役割をします。

つまり、than以降も文章が続くと考えると、目的格(目的語に用いられる形)のmeではなくて、主格(主語に置かれる時の形)になると思いませんか?

She is taller than I am tall.

このように文章が続ければ余計わかりやすいと思います。口語表現ではmeも使われることが多いですが、正式な回答はIなので、間違いのないようにしましょう。

比較級の例文

それでは、今までの点を踏まえて例文をご紹介します。

  • Your house is more beautiful than my house.
    (あなたの家は私の家よりもきれいです)
  • PlayStation4 is newer than PlayStation3.
    (プレイステーション4はプレイステーション3よりも新しいです)
  • Today’s drama was more interesting than yesterday’s drama.
    (今日のドラマは昨日のドラマよりも面白かった)
  • You are better tennis player than I am.
    (あなたは私よりも良いテニス選手です)
  • My watch is less expensive than you watch.
    (僕の時計は君のものより高くない)

比較級 and 比較級

比較級をandで並べると、次第に程度が増すまたは減る、ということを意味します。日本語訳でも「だんだん」「ますます」といったような意味になります。

形はmoreがつく場合と、erがつく場合で異なるので気を付けましょう。

Moreが付く場合の比較級では、more and more beautifulのように、moreのみをandで繋げます。More beautiful and more beautifulにはならないので注意しましょう。

ちなみに、erの場合は、faster and fasterのように同じ比較級が並びます。

例文を紹介するので、確認してみてください。

例文

  • It is getting warmer and warmer.
    だんだん暖かくなってきていますね。
  • This car is getting more and more expensive.
    この車はだんだん値段が高くなってきています。
  • She is getting cuter and cuter.
    彼女はだんだん可愛くなってきているね。

the + 比較級 の用法

「The+比較級~、the+比較級~」という文章では、「~すればするほど、だんだん~する」といった表現をすることができます。

非常に特殊な文章ですが、覚えれば英作文でも便利に使うことができるのでおすすめです。

特殊な文法なので、構成をあれこれ考えるよりも、形をそのまま覚えてしまう方が複雑に考えずに済むでしょう。例文を読み込んだり、自分で英作文を作るなどを行い、文法に慣れるようにしてください。

例文

  • The more you study, the more intelligent you will be.
    勉強すればするほど、ますますあなたは勤勉になれるでしょう。
  • The sooner you go home, the happier your wife is
    あなたが帰るのが早ければ早いほど、あなたの奥さんは喜びます。

まとめ

最後に比較級のまとめを行います。

  1. 比較級は語形の変化をしっかりと理解することが大切
  2. 単語の音節が2音節以下の場合は、語尾にerをつける
  3. 3音節以上の場合は、前にmoreをつける

比較級は、語形の変化をまずマスターすることが大切です。わからない単語がこまめに辞書でチェックして確認しましょう。

語形の変化がマスターできた時に、比較級and比較級やthe比較級の用法を覚えていくことをおすすめします。

本気で子供の学力アップを
目指すなら
家庭教師を検討しませんか?

子供の成績が伸びないと悩んでいるなら、一度、家庭教師を検討してみてはいかがでしょうか?塾と違いマンツーマンで教えてくれるため、 相性の良い家庭教師が見つかればその効果は非常に高いです。

例えば、

・苦手な科目を克服させたい
・疑問や不明点を自由に質問させたい
・勉強時間を確実に確保したい
・難関校に本気で合格させたい

等の要望があれば、まずは比較検討から初めてみてはいかがでしょうか?受験対策、苦手克服、学力向上など、ニーズにあった家庭教師を選ぶことで必ず成績は上がります。

カテキョnaviはこちら