みんなが苦手な国語文法!10の品詞と見分け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

国語の知識問題で、敬語と並んで苦手意識を持ちやすいのが文法です。

なかでも品詞分類はその概念自体がぼんやりとしか理解できず、いつまでたっても身につかないことが多くあります。品詞分類は単独で出題されることは少ない単元ですが、国語用語として知っておきたい知識でもあります。

ここでは品詞の見分け方を、ざっくりご紹介します。品詞は10に分け特徴を理解していきましょう。

品詞とは?

文を最も小さい単位で分けたものを「単語」と言います。辞書に載っている言葉と考えてください。

例)私はりんごとみかんを買う。 → 私 / は / りんご / と / みかん / を / 買う / 。

文を単語で分けてみました。上の文は7つの単語でできています。

この中で似たような種類の単語があります。「私・りんご・みかん」は名前(呼び方)を表すという働きをしています。「は・と・と」は言葉をつなぐ働きですね。「買う」は、動作(動き)を表しています。

日本語の単語にはこの3つを合わせて全部で10の働きがあり、そのすべてに名前がついています。この10の働きを合わせて「品詞」と呼んでいます。

「私・りんご・みかん」は名詞、「は・と・と」は助詞、「買う」は動詞と呼ばれています。

「私」の品詞を答えなさいと言われたら、「名詞」と答えます。「りんご」と同じ品詞の言葉を選びなさいと言われたら「私・みかん」となります。

では問題です。「キャベツ」の品詞は何でしょうか。

りんごやみかんと同じ気がするから「名詞」と思ったのではないでしょうか。

正解です!「名詞」です。

では「歌」「悲しみ」「これ」「3人」の品詞は何でしょうか。

難しいですね。なんだか名詞ではないような気のするものもありますが、実は4つすべて「名詞」なのです。

品詞にはすべて特徴があります。その特徴さえ覚えてしまえば、すぐに品詞を分けることができます。この特徴を覚えることが、品詞の大切なポイントです。

名詞とは

名詞の最大の特徴は「主語になれる」ことです。

品詞の説明で例に出した「私・りんご・みかん・キャベツ・歌・悲しみ・これ・3人」はすべて、「は」や「が」をつけて主語になることができるのです。

  • 私は毎日勉強する。
  • りんごはおいしい。
  • 歌が聞こえる。
  • 悲しみが止まらない。
  • これは難しい問題だ。
  • 3人は今日欠席する。

すべて主語になれました。主語になれるものは名詞、これだけ覚えてください。

動詞とは

動詞でよくある間違いは、動きを表すと思い込んでいることから生まれます。確かに「立つ・走る・踊る」などは動きを表している動詞です。では「いる」はどうでしょうか。動いていませんね。でも、動詞です。

品詞では意味を考えるのではなく、形で考えたほうが分かりやすいのです。

動詞は言い切りの形で考えます。言い切りとは、辞書に載っている基本の形です。「立つ・立った・立って」など動詞は色々と形を変えますが、辞書に載っているのは「立つ」だけですね。だから言い切りの形は「立つ」です。

動詞の言い切りの形には一つのルールがあります。それは「ウ段」の音で終わるというものです。「ウ段」とは「うくすつぬ」のように伸ばして発音すると「ウ」になる音のことです。

「買う・書く・貸す・勝つ」はすべて動詞ということになります。

「勝つ」が動詞なら「とんかつ」はどうなるでしょうか。動詞……のはずがありません。「とんかつ」はウ段で終わりますが名詞です。「主語になれる」という条件が優先ですし、その違いは何となく分かりますよね。

「ウ段」で終わるものが動詞、ここが大切です。

形容詞とは

形容詞は簡単に言うと「どんな」を表す単語です。「大きい・細い・かわいい・優しい」などです。

形容詞も形で判断します。言い切りの形が「い」で終わります。イ段ではなく「い」で終わるのがポイントです。

形容動詞とは

形容動詞も「どんな」を表します。「きれい・静か・好き」などがあります。

形容動詞も形で判断します。言い切りの形が「だ」で終わります。「きれいだ・静かだ・好きだ」ですね。

でも「だ」を付けると、名詞と紛らわしいと感じます。「りんごだ・私だ」も言えますからね。

見分けるためには後ろに名詞を付けてみます。

  • きれい な 人
  • 静か な 町
  • 好き な 食べ物

気づきましたか。後ろに名詞を付けると「な」が出てきます。このように「な」がつけられるものが形容動詞です。

名詞・動詞・形容詞・形容動詞の見分け方まとめ

  • 名詞・・・「が・は」をつけて主語になれる
  • 動詞・・・言い切りが「ウ段」
  • 形容詞・・・言い切りが「い」
  • 形容動詞・・・言い切りが「だ」 ※後ろに名詞を付けると「な」

副詞とは

副詞は動詞・形容詞・形容動詞を詳しく説明する(修飾する)単語です。

  • はっきりと話す。 ・・・はっきり
  • とても楽しい。 ・・・とても
  • まったく関係ない。 ・・・まったく

子供にはとても分かりにくい品詞で、見分けるのも難しいようです。

言い切りで見分けることができませんが、そもそも副詞は形が変わりません(活用しません)。動詞の「立つ」は「立たない・たって」というように形が変わりますが、副詞の「とても」を変えることはできませんよね。

副詞は「形が変わらない」、他の言葉を「説明する」単語と覚えましょう。

連体詞とは

連体詞というのは「体言に連なる品詞」という意味で、必ず後ろに名詞がつきます。

  • この家 ・・・この
  • 大きなケーキ ・・・大きな

後ろに名詞がつくというのが大きな特徴ではありますが、それだと形容詞や形容動詞と同じになってしまいます。どうすればよいのでしょうか。

形容詞と形容動詞は、動詞と同じく形が変わることがあります。形容詞「大きい」は「大きく・大きかった」となりますね。でも、連体詞は変わりません。

連体詞は「形が変わらない」「名詞につながる」と覚えましょう。

接続詞とは

接続詞はイメージで答えられる人も多いでしょう。「だから・しかし・つまり」など、文や言葉をつなぎます。2つ以上をつなぐ単語と覚えましょう。

感動詞とは

子供は素直なので、感動する言葉が感動詞だ!と考えます。間違ってはいませんが、実は感動詞はもっと範囲が広いのです。

「おや」「まあ」といった感動だけでなく、「はい」「いいえ」といった返事やあいづち、「おい」「ねえ」という呼びかけ、「おはようございます」「さようなら」のようなあいさつも含まれます。

一言でまとめるなら、それだけで文になるのが感動詞ということです。

副詞・連体詞・接続詞・感動詞のまとめ

  • 副詞・・・形が変わらず、他の言葉を説明する
  • 連体詞・・・形が変わらず、名詞につながる
  • 接続詞・・・2つ以上をつなぐ
  • 感動詞・・・それだけで文になる

助詞とは

「女子」じゃなくて「助詞」だよ!と小学生は楽しそうに話しますが、肝心の特徴についてはあやふやなことが多いようです。

助詞は、それだけでは意味を持たない単語です。「は」「や」「ば」などは助詞ですが、それだけ言われてもなんのことか分かりませんよね。他の単語にくっついて初めて意味を持ちます。形も変わりません。

文の途中だけでなく、文の最後について疑問を表す「か」も助詞です。

助動詞とは

助動詞もそれだけでは意味を持たない単語です。ちなみに、それだけでは意味を持たない助詞と助動詞を合わせて「付属語」と言いますが、覚えるのは後にしましょう。

助動詞は漢字の通り、動詞を助けます。「(雨が降る)ようだ」「(何か食べ)たい」などがあります。ですが、動詞以外の形容詞などにもつくことは知っておいてください。

助動詞が助詞と違うのは、「ようだった」「ようで」など、形が変わることです。

助詞・助動詞のまとめ

  • 助詞・・・それだけでは意味が分からない、形が変わらない
  • 助動詞・・・それだけでは意味が分からない、動詞などにつく、形が変わる

練習してみましょう!

ここまでの説明が一通り分かったら、練習問題にチャレンジしてみましょう。説明のために親御さんが一人でやってみてもいいですし、お子さんと一緒にやってみても良いですね。

次の単語の品詞を答えましょう!

  1. きらきら
  2. 光る
  3. 夜空

有名な歌の一説を単語に分けてみました。

解答にいく前に、選んだ理由を改めて確認しましょう。勘や当てずっぽうではなく、品詞ごとの特徴を思い出してください。覚えるのが大変なら、始めは特徴を見ながらでも構いません。

[解答]

  1. きらきら・・・副詞 (「光る」という動詞の説明をしています)
  2. 光る・・・動詞 (言い切りがウ段です)
  3. 夜空・・・名詞 (「が・は」をつけて主語になれます)
  4. の・・・助詞 (それだけでは意味が分かりませんし、形も変わりません)
  5. 星・・・名詞 (「が・は」をつけて主語になれます)

「きらきら」で迷った人もいるかと思います。10の品詞のうち「連体詞」と「副詞」は見分けが難しいので、焦らないでください。

まとめ

「自立語・付属語」などの言葉やさらに詳しい分類や例外については、この分類ができるようになってから考えればよいですし、そもそも受験ではあまり詳しい分類をさせられることはありません。

まずは品詞という言葉に抵抗を持たず、国語の勉強を進められるようになってくれれば嬉しいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
study-vision